FEATURES
AppGuardⓇの仕組みについて

完璧な守りは「Isolation(アイソレーション:監視)技術」から。

感染リスクが高いハイリスクなアプリケーションでも、信頼されるアプリケーションであっても既にマルウェア感染されている可能性があるものとして、起動時に「識別」しプロセスを「監視」します。プロセスの動作範囲を限定し、通常の動作は可能にしながらも不正なプロセスやメモリへのアクセスや書き込み、OSの重要なコンポーネントなどポリシー違反の動作を阻止します。さらにポリシー継承によりプロセスから派生する「子」のプロセスもまた自動的に「監視」対象とします。

AppGuardⓇの新概念
AppGuardⓇの新概念
従来型の概念
従来型の概念
未知や既知に関係なくマルウェアの不正な動きを完全阻止。ランサムウェアやFilelessMalwareも防御わずか1MBの超軽量な防御エンジンで高速に動作シグネチャや機械学習エンジンの定期アップデート不要、ネットワーク非接続環境でも動作可能
新概念で未知・ゼロディ・ランサムウェア等のあらゆる攻撃から守る

未知の脅威に対応できる

未知の脅威にも対応

  • - 未知、ゼロデイ、ランサムウェアなどのあらゆる攻撃から守る
  • - システムの安全性を確保
  • - 運用コストの削減

定義ファイルの更新不要

アップデート不要

  • - 定義ファイルのダウンロード不要
  • - AIエンジンのアップデート不要
  • - 常時ネットワーク接続不要
  • - 人に依存しない

超軽量なのでサクサク動作

軽くて軽快な動作

  • - エンジンは、1MB以下
  • - スキャン無し、軽快動作
  • - 業務への影響無し
  • - プロセッサへの負荷が最小
AppGuard製品ラインナップ:クライアントからサーバーまでトータルシステムを守る
ラインナップ 詳細
Windows XP SP3~Windows10まで対応
AppGuard Management Consoleによる集中管理
Windows Server 2008R2~Windows Server 2016まで対応
AppGuard Management Consoleによる集中管理
Windows 7~Windows10まで対応
スタンドアロン版

Management Console
Enterprise、Serverのポリシー設定、ログ収集等を行う管理サーバ

※プロバイダー(MSP)によりクラウドサービスあり

SOLUTION
サービスの導入

導入したお客様の声

PCIグループ

お客様の機密情報を取り扱うことも多く、その信頼関係の継続やより安全な環境の構築の為に、これまで他の様々なセキュリティソフトを導入してきました。しかし、全ての部署に標準的にマッチするソフトウェアが無く、全社へ一斉導入できるものはありませんでした。

PCIグループ写真
導入・本稼働までの流れ
1.ヒアリング

1.ヒアリング

2.お見積ご提出

2.お見積ご提出

3.お申込み

3.お申込み

4.ソフト提供

4.ソフト提供

5.テスト導入 (On Boarding)

5.テスト導入

(On Boarding)]

  • 情報収集
  • 評価・確認
  • ポリシー作成
  • 検証
  • ポリシー調整
6.展開

6.展開

7.本稼働

7.本稼働

SYSTEM
システム要件

AppGuardⓇ Enterprise Management Console (AGMC)

  • WindowsServer2008/2012で動作,SQLServer2008以降が必要
  • [機能]
  • ・Webブラウザによるポリシー作成およびイベントログ表示・エージェントインストールパッケージの生成
  • ・PolicyDistributionPoints(PDPs)へポリシー送信
  • ・LogRetrievalPoints(LRPs)からのログ収集

AppGuardⓇ Enterprise Agent

  • ・WindowsXPProfessionalSP3以上(32ビット)
  • ・WindowsXPHomeEditionSP3以上(32ビット)
  • ・WindowsVISTASP1以上(32ビット、64ビット)
  • ・Windows7,8,8.1,10SP0以上(32ビット、64ビット)
  • [Windowsハードウェア要件]
  • ・CPU1.8GHz 以上
  • ・メモリ1GB 以上
  • ・ハードディスク10MB 以上

CONTACTお問合わせ

項目は全て必須です




お問合せ内容の選択

お問合せ詳細